Works ― 施工事例

兵庫県 三木市 S様邸

気品あるクラシカルオープンエクステリア

『お客様との出会い』

ホームページからのご依頼でした。地元の工務店様とじっくり話会い、設計されたお気に入りの建物に合うエクステリアをデザインできるところをお探しでした。数社の中から選んでいただきました。ご要望に、ガレージを出来るだけ多くとりたい(将来車の台数が増えることを見込んで)かつ、他と違うこだわったエクステリアにしたいとのご要望でした。建物は洋館風とのことでそんな上品な雰囲気を醸し出すプランにしています。提案のポイントとしては、極力ガレージでスペースを取るため平面で見せる事と、ここはというポイントをこだわって素材を選びデザインさせていただきました。

『植栽』

あまり複雑なことはせず、ごくシンプルに描かれたアプローチ。敷地境界と建物に沿ってボックスウッドの生垣を植栽しています。いわゆるシンボルツリーはあえて取り入れていません。この生垣のみに植栽の魅力を集約しています。刈込ながらきっちりラインを形成してこそこのエクステリアは仕上がります。近い将来もっとボリュームがでた生垣がこのエクステリアの骨格を支えてくれるに違いありません。

『素材』

コンクリートそして、植栽、石が平面の主な構成要素。この石は硬質石灰石。建物の玄関口のタイルに合わせて選択しています。またアプローチはスタンプコンクリート。仕上げ方はその中でも上品なタイプを選んでいます。色合いはお施主様とサンプルを制作しながら現場でも打ち合わせ決定しました。

なかなか良い表情を出してくれます。古びた石畳をモチーフにしています。

『オーダーメイド機能門柱』

エクステリアはデザインも大切ですが、ご予算配分も考えなくては実現しません。平たくまんべんなく予算を配分するより、ここだけはというポイントに予算をかけています。こだわったこの機能門柱は他には無いものをデザインし製作しました。ロートアルミで作られた本体。デザインの揃ったアイアンのポスト、インターホンカバー兼表札までしっかりと徹底して考えています。敷地にしてはごく小さなパーツでしかないのかもしれません。しかし、さりげなく存在することこそが品を醸し出しています。

『機能的にそして意匠的に』

玄関の手前で一段敷地を下げています。ガレージの勾配軽減と、玄関周りを大きく見せるための工夫です。立上りには同系色のモザイクタイル。テクスチャーだけをかえることで色調はシンプルにコーディネートしています。この一段があるだけで、低くどっしりとした印象になり、建物の見え方も異なってきます。また通路としての幅、そして車止めとしての高さも考慮しています。

『水栓回り』

サービスヤードに設置した水栓回り。パンは設けていません。パンに水を張ることもないとのことでしたので、スペースを狭くさせるパンは今回は使わず、勾配のみで排水するようにしています。無駄がなく、スペースも広く使えます。

ホームへ