Works ― 施工事例

大阪府豊中市千里園 O様邸

既存を活用してここまで変わる。レンガが引き立つエクステリアリフォーム

『お客様との出会い』

以前施工させていただいたお客様のご家族からのご依頼でした。ご所有であり、空き家になっていた建物。ご親族の新しい家族誕生を祝って全面改装して新しくスタートするお手伝いをさせていただきました。

レンガがお好きなお施主様。建物はトラディショナルというよりは新しいデザインの建物です。今回ご提案したのは、既存を再利用し、かつレンガを用いて建物との調和をはかったエクステリアリフォームです。ご要望は大まかに以下の通りでした。

①建物と調和したお洒落なリフォームにしてほしい。

②クローズエクステリアを希望

③植栽を取り入れてほしいが、仕事、育児等のライフスタイルでも無理ない植栽プランにしてほしい。

④メンテナンスを極力減らしたい(草引き、掃除等)

⑤ガレージへの車の乗り入れをもう少し入れやすくしてほしい。

ファサードからガレージ、お庭というトータルエクステリアリフォームとなりました。

今回はレンガがお好きということでしたので、少しこだわったレンガタイルを用いています。既存の門柱の下地を活用して、門周りを出来るだけ横に広く見せる工夫をしています。また道路側の階段一段部分を同じ仕上げで横に広くとっていることで門周りのボリュームをアップすることができました。そして建物の色と合わせたタイルは上品な石調のもの。素材のラインはモダンでも模様はレンガと同じくナチュラルな模様を選んでいます。

また大きくなっていた常緑樹は残念ながら撤去することになりました。新しくやってきたシンボルツリーは斑入りのトキワヤマボウシです。

当初のエクステリアは新築当時では立派な仕様で、すべてタイル貼りでした。少し大きくなりすぎた常緑樹が門周りを圧迫しており、建物と接近した門塀は少し狭さを感じさせてしまっています。色調は建物と同じ色調ですべてを整えていました。うって変わって今回はレンガの色がひときわ目を引く色合わせをしています。玄関ドアの色もお施主様のセンスですが、上手にエクステリアとマッチしています。レンガといえばアイアンが似合います。門扉はロートアルミ製。オリジナルのデザインで製作しました。門扉の線が細くなくしっかりしているので重みのある門扉になっています。またインターホンカバーや表札は真鍮製でレンガとの相性のよい素材を選んでいます。

門扉入ってすぐのスペースは限られたスペース。できるだけ広く見せるために、ポーチの距離を長くのばして玄関周りのゆとりを実現しました。

玄関周りもせっかくなので緑化スペースであり少しお庭的な仕上げにしています。シンボルツリーの足元には宿根草を織り交ぜながら、常緑の斑入り植物、カラーリーフを使って華やかにアレンジしています。花が沢山咲くような植栽ではありませんが、手入れが比較的少なくて、年中見れる植栽です。

お水やりに水栓も配置しています。ホースハンガーまで徹底し選んでいます。立水栓の下の砂利スペースの下には会所枡が隠れています。勿論排水できるようにですが、見せないように工夫しています。砂利をのけて、シートを外せば点検も可能です。

ガレージも大胆にリフォーム。外観を損なうことからカーポートは今回撤去し、新しく設置もしませんでした。建物を良く見せたいというお施主様の希望からです。オーバードアは電動タイプ。以前と間口は変わりませんが、乗り入れ部の段差と勾配をゆるくし、隅切り部分を出来るだけ広げました。奥まで気持ちよくスッキリしたガレージは車も入れやすくなっています。

ガレージの舗装は600角の石調タイル。大判を使ってできる限り広く見せる工夫をしています。床面の色がかわるとここまで明るくなるのかというのがよくわかります。

ガレージ側の既存のブロック塀は古く、汚れもひどくなっています。耐久性や、既存ブロックへの水の回りを考慮しての判断で最近よく使われるようになってきた素材であるエバーアートボードを選びました。軽量で施工が簡易。下地への負荷を軽減でき、水による影響もない素材でリフォームしました。もし床だけ綺麗にリフォームして壁は以前のままであったなら、後悔が残ったかもしれません。ここまで徹底できるかどうかで最終的な仕上がりが変わるのですが、お施主様の英断に脱帽です。

以前はもっときれいだったお庭でしたが、住まなくなってからの月日の間、少し寂しくなってしまっていたお庭部分。今回はガレージ拡張でスペースは狭くなったものの、小さかったタイルテラスを大きくして充分明るく広く変貌しました。タイルはガレージと素材を変えずに同じものを使うことで庭空間としてガレージも同一の空間にしています。

タイルデッキの大きさは2.4×2.4mの大きさ。まぶしいくらいの白の世界に、雑木の緑が映えます。ハイノキ、ナツハゼ、ヒメサザンカ、バイカツツジです。限られた空間で、育ちすぎて邪魔にならないような樹勢のモノを選んでいます。ここで夏はお子様のプールの場所には快適な空間だったそうです。これからもご家族にとって充実したお庭時間を過ごしてほしいです。

 

ホームへ