Works ― 施工事例

高槻市 美しが丘 T様邸

もっとお庭を楽しむために用途を再検討したガーデンリフォーム

『お客様との出会い』

以前、施工させていただいたお客様のご近隣の方からのご依頼でした。新築当初に造った、石貼のデッキ。このデッキをこの度リフォームしたいとのことでした。

①建物からの出入りを考慮したこのデッキ。出やすい反面、活動する場所の高さも上がり、周囲から丸見えの状態。ゆえに落ち着かない。

②バラ等、既存の植物があるが、もう一度お庭として作り直したい。(育ちが悪い等)

③目隠しフェンスがほしい。圧迫感の無い、風の通りを遮らないようにしてほしい。

というのが大まかなご要望でした。

タイルデッキの上に立つと、確かに前面道路を横切る人であったり車の目線を感じてしまう。くつろいでいる姿を人目にさらしてしまうような落ち着かなさ。お庭というものは、デッキやベンチ等施設単体にあらず。必ず周囲の環境や施主様のご要望等を踏まえた計画の上に成り立つものです。今回、大きな樹木の撤去した他は、既存を活かしつつのガーデンリフォームとなりました。

お施主様の最初のご要望で、デッキは縮小した上で、階段下のスぺ―スをもっと広げたいということでした。そうすることで、使うスペースの高さが低くなり、周囲から見えにくくなるという利点を考慮しての事でした。

こちらからのご提案である、デッキ、目隠し、フリースペースのデザイン、そして植栽計画は最初に目隠しの設置を前提に進めていきました。

既存のブロック塀の上にフェンスを取り付けるという提案は、単にフェンスで目線を遮るだけのもので、お庭としてのプランとは言えません。既存のブロックは滑らかな弧を描かずに、ブロックの寸法により段階的に折れ曲がるようなデザイン。これとマッチさせる方法として円を用いてまとめることにしました。わずかですがデッドスペースを生み出してしまいますが、全体的な納まりを考慮すると最善と考えました。かつ円にそって目隠しが可能となる格子素材。木目調のアルミ格子材を選定。高さ、隙間などは現地でお客様と相談しながら決めていきました。既存樹木やブロック塀との納まりも上手くできましたし、お客さまの要望にぴったりハマった目隠しとなりました。

目隠しフェンスのデザインから内側は、天然石のサークルをビューポイントにし、両脇に植栽帯、そして芝目地のストライプがお庭にアクセントを与えるように全体をデザインしています。出来るだけ広く使いたいというご要望につき植栽帯は両サイドに配置してボーダー花壇としてこれからのガーデニングライフを楽しいものにしてくれます。管理を考えても手が届きにくい懐の深い花壇よりは、1m程度であれば管理はしやすいといえます。これまでは、芝生がうまく育たない少し暗い印象が、明るく生まれ変わりました。

既存のデッキは仕上げを撤去し、下地も縮小。使える部分は再利用し、デッキは新しく生まれ変わります。

木目調の目隠しフェンスを使っていることから、デッキも木目調のモノを取り入れました。最近、このタイルを良く使います。といいますか、お客様に進めたらほぼ、決まってしまうというクオリティの高いタイルです。タイルデッキでウッドデッキを表現したような感じです。そして、夜のライトアップに一役買ってくれる2段目の立上りを凹ませてデザインタイルとLED照明を仕込んでいます。一気におしゃれ感が増します。

奥に見える花壇は、ボーダー花壇として、バラを這わせるフェンスはこの度造りました。ステンレスワイヤーに誘引してバラをアレンジします。フェンス材と同じ素材を使っていますので、長持ちし一体感も生まれます。

ボーダー花壇の植栽は、アガパンサス、ガレカ、エキナセア、ベルゲニア(ヒマラヤユキノシタ)等比較的花付きも良く丈夫なものから、ギボウシ、やカレックスなど葉の美しいものも組み合わせています。常緑多年草と宿根草を配植して冬も寂しくならないような配慮をしています。

エキナセアは、初夏から夏、そして秋口にかけて、よく咲きます。花色も多く丈夫なので育てやすくお勧めです。一つの花の花期も長いのも魅力です。

まだ少し咲いていませんが、ルドベキア。これも初夏から花をつけます。草丈が高くなるのと、横幅もでますので、ゆったり植えたほうが良いです。花が終わった後は、種を結ぶ前に早めに花柄を取ってしまいましょう。種が沢山こぼれて実生が増えてしまいます。

これからもっと、お庭を活用していただけると嬉しいです。素材は妥協せず良いものを選ぶと、末永く飽きないお庭となってくれます。仕上りに大きな差が出ます。お庭のように、出来上がってみないとわからないような工事はプランナーの経験値により仕上りは左右されることは否めません。日々精進してお客様に満足してもらえる、期待値以上の仕事ができるようにこれからも頑張りたいと思います。

お庭のライトアップの様子です。ポールライトで全体を明るく照らし、アップライトで、樹木を印象的に照らし出しています。

照明は夜のお庭の雰囲気をさらに良いものへと高めてくれます。仕事から帰った時に照らし出されるお庭の様子にうっとりと癒されることでしょう。また夜にお客様と一緒に食事を楽しむなどの際にも良いでしょう。

ホームへ