Works ― 施工事例

兵庫県 神戸市 N社 様

みどりのもつ「美」が創り出すやすらぎの空間

『お客様との出会い』

弊社のホームページをご覧になってお問い合わせいただきました。

『ご依頼内容(お困りごと)』

社屋の社員食堂に面した中庭の改修のご依頼でした。当初、高木が大きく育ちこの空間を覆い、影を作っているような状態が続いてたので、明るくするためにすべて伐採したそうです。その後、芝生を貼って緑を保っていたそうですが、もっと社員の皆さんがお花に接する機会を作りつつ、屋外テラスの活用を促進するために今回の改修を検討するに至ったそうです。

この空間は地下に位置し、吹き抜けになっているので屋外に面しているものの午後からの日当たりが悪く、冬季は特に日が入らない場所。そのため、これまでの植物があまり育たないというお困りごともありました。

改修にあたりご提案したコンセプトは、「みどりの持つ美が創り出すやすらぎの空間」とし、計画を進めました。化粧品を企画、販売するメーカー様の美の追求をコンセプトに取り入れました。

みどりがもつ美を「曲線美」「色彩美」「木漏れ美(日)」の3つの美としてプランに取り入れています。

「曲線美」・・・自然樹形が形作る美しさと人為的に刈り込んだ生垣低木による美しさ

「色彩美」・・・四季折々の草花が持つ彩だけでなく、植物の葉色も含めた植物の持つ色の美しさ

「木漏れ美(日)」・・・既存のRC壁に移りだす樹形の影や、葉の隙間から降り注ぐ木漏れ日の美しさ

これら3つの美を植栽計画で表現しています。

中央の壁泉の左右に、上から覆うようにヤマモミジを植えています。山中において小川のそばにはよく見られる樹木。柔らかさと鮮やかさ(紅葉)を持ち合わせた樹木です。人工的なコンクリート造形物の中にひときわ目立つ存在として選びました。

植栽範囲を横断するように大きく描く曲線は、低木の生垣とハイゴケで形作っています。この流れが、壁泉を中心に隔たれた二つの場所をつなぐ役割をしています。そして手前の良く見えるところに草花等の色どりを添えています。日陰になりやすい場所はカラーリーフを中心にして植えこんでいますが、彩の花は短命に終わるため継続的な植え替えを予定しています。しかし、植え替え範囲を有る程度限定することで無駄をできるだけなくす事にも配慮しています。また彩りは赤や紫だけでなく、葉色でも十分表現はできます。来年の春からは日陰のカラーリーフも含めてアレンジしていきます。

写真のクスノキは既存のクスノキです。当初、覆いかぶさっていたクスノキを伐採した際、残った切株から萌芽して再び再生したようです。折角なので今回はこのクスノキは生かすことで残しました。切株から再生している様子も面白いです。切株の周囲はコケをはっているので雰囲気も上々だと思います。これからは大きくなりすぎないように定期的に剪定を繰り返して行くことになります。

今回の改修により、この空間に景色が生まれました。これまで孤独であった壁泉もこの空間に適度な湿度を与えてくれ、周囲の樹木にも優しい効果を与えてくれるでしょう。これから社員の皆様にとってお昼の休憩のときにぼんやり眺めてもらえる景色を作り続けいていきたいと思います。仕事の合間、ひとときの休息と気分転換にしていただければ、この上ない喜びになりそうでこれからが楽しみです。

ホームへ