gardenoffice

2016
9/17

モデルガーデン

モデルガーデンの中身を少し紹介します。

●敷地の大きさは、8m×9m程度です。

●モデルガーデンの特徴⇒モデルガーデンというだけあって、このお庭の中には、エクステリアやお庭で用いられる構造物や素材を出来るだけ多く取り入れました。

≪構成要素≫階段、アプローチ、ベンチ、花壇、壁(塀)、フリースペース、植栽帯、照明、自動散水、手すり、水栓など

≪構成素材≫石貼り、石積、タイル貼り(床、壁)、木、鉄、アルミ、ブロック、コンクリ―ト、植物、植栽土など

これらをデザインし、一つにまとめ上げています。なので、展示というよりは、お庭になっています。

 

エントランスはこちらになります。。雑木の間に現れる、階段をゆっくり上がっていただくと、中へと入っていけます。この階段を上っていいのか躊躇されることがほとんどです(笑)。どうぞ階段をご利用ください。

植栽を楽しみながら、階段を進んでください。お庭が見えてきます。

木漏れ日の中で、おもいっきりお庭空間を体感してください。おすすめは春ですが、年中解放しています。

こちらは勝手口。半日蔭の植栽をご覧いただけます。

植物と素材が互いに引き立て合うような空間を感じていただけるように願っています。

可愛いお花たちも出迎えてくれます。。。プランの参考になりますよ。

季節によって、草花を植え替えています。その季節ごとの綺麗なお花が出迎えてくれます。

朝日が差すころ、壁にサルスベリの陰が映りこみ印象的です。早朝に来られる方はほとんどいないので、この写真をご参考に!

濡れた素材感も素敵です。掃除が楽になる素材は、水にぬれると印象的な一面を見せてくれます。お掃除が楽しみになるっ!。。。。かもしれません。

四季折々の感じ方ができるモデルガーデンです。遠方の方にも是非一度は来ていただきたい!!という思いで毎日お手入れしています。

是非、お越しくださいませ。

ホームへ